Microsoft(マイクロソフト)の決算情報・分析

米国株

Microsoft(マイクロソフト)(ティッカーシンボル:MSFT)の決算情報です。

マイクロソフトという会社については、もはや説明は不要だと思います。
2020年度の売上高は15兆円、営業キャッシュフローは6兆円強、純利益は4.5兆円強というお化け企業です(1ドル=105円換算)。

2020年の売上高の内訳は、次のとおりです。(単位は百万ドル)

マイクロソフトといえば、Windows、Office(ワード、エクセル)なイメージですが、実際のところ一番の主力はクラウドサービスAzureです。現在、アマゾンのAWSと激しく争っています。
もちろん、Office、Windows、Xboxも健在です。
サブスクリプションモデルの会社に見事に変貌を遂げています。

19年連続増配中です。配当利回りは1%にも満たないです。


四半期決算
過去8四半期(2年)の四半期決算のEPSと売上の予想と結果です。
全て結果は予想を上回っており、右肩上がりの傾向となっています。

通年決算
過去8年のDPS、EPS、CFPS、SPSの推移です。
SPSはほぼほぼ綺麗な右肩上がりとなっています。

SPSが突出していて見にくいため、SPSを抜いてみると、グラフは次の通りとなります。
多少デコボコしていますが、CFPSは概ね右肩上がりとなっています。
DPSもわずかずつ増えていっています。
EPS(純利益)は2019年から激増しています。

チャート
日本時間2021年6月19日0:00頃の日足チャートです。
多少振幅は大きいのですが、上昇トレンド継続中です。トレンドライン(紫斜線)にタッチしたところで押し目買いを狙いたいです。
出来高は緩やかに減少傾向です。

業績は素晴らしく、発行株式数も年々少しずつ減少していることに好感が持てます。こまめに押し目を狙い、買い増していきたい銘柄です。

参考サイト
●Annual Reports on Form 10-K
●四半期決算 Investing.com
●通年決算 Morningstar
●チャート TradingView
タイトルとURLをコピーしました