大学ランキング ー 科学研究費補助金 採択状況(機関ごとの採択件数順位)-全研究種目・最終結果(2020年)

大学

科学研究費補助金(科研費)とは、「人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究費」」のことです(日本学術振興会のHPより)。

多かれ少なかれ大学に関わる人で科研費を知らない人はいませんが、逆にそれ以外の人にとっては、科研費ってなに?だと思います。
研究には多額の資金を要します。研究に使用する消耗品や実験装置、試薬、図書の購入費、情報収集や打ち合わせのための旅費、研究を補助してくれる人の件費など、使途は多岐に渡ります。
大学が各教員に配分する資金だけでは、これらの資金需要は到底賄えないため(文系はそうでもないかもしれませんが)、教員は自身の研究を遂行するために、大学外から研究費(=外部資金)を稼いでこなければいけません。
科研費は文科省が所管している補助金・基金ですが、日本においてもっとも代表的な外部資金です(予算は2,000億円強)。

科研費は、補助対象分野が文系から理系の全てにまたがり、大学教員であれば誰でも応募でき、その応募テーマも自由です。応募して採択されるのは概ね1/3程度で、研究費の申請額や性格によっていくつかの種類があります(研究種目といいます)。
採択の可否、交付額の多寡が研究の優劣を決めるものではありませんが(たぶん)、所属教員によるその獲得状況が、各大学の研究力を推し量る指標になりえると思います(私立大学は国立大学ほど、外部資金の獲得に熱心ではないとは思いますが)。

上位50大学の2020(令和2)年度の採択状況は下表のとおりです。
ソース:文科省HP 令和2年度科学研究費助成事業の配分について(第2回)

件数順位機関名種別採択件数交付額(千円)
1東京大学国立4,20222,549,534
2京都大学国立3,02213,931,905
3大阪大学国立2,66510,463,081
4東北大学国立2,5259,747,075
5九州大学国立1,9437,058,611
6名古屋大学国立1,8198,029,554
7北海道大学国立1,7196,099,686
8筑波大学国立1,3574,165,330
9広島大学国立1,2202,840,071
10慶應義塾大学私立1,1873,660,410
11神戸大学国立1,1633,226,210
12早稲田大学私立1,1312,982,850
13岡山大学国立1,0012,385,305
14金沢大学国立9622,157,610
15理化学研究所国研9254,849,390
16千葉大学国立9112,422,940
17東京工業大学国立8894,459,416
18新潟大学国立7941,747,850
19東京医科歯科大学国立7301,815,060
20産業技術総合研究所国研7052,121,860
21立命館大学私立6901,341,990
22熊本大学国立6871,720,930
23日本大学私立6471,034,670
24長崎大学国立6321,416,740
25順天堂大学私立6101,155,180
26信州大学国立6061,145,170
27徳島大学国立5311,250,340
28鹿児島大学国立528928,460
29名古屋市立大学公立5261,026,220
30大阪市立大学公立4931,062,490
31山口大学国立485947,440
32近畿大学私立472876,460
33愛媛大学国立4701,121,510
34群馬大学国立447879,840
35東京都立大学公立435976,560
36富山大学国立425915,850
37東海大学私立424775,710
38東京理科大学私立4241,148,438
39横浜市立大学公立413992,160
40岐阜大学国立396888,810
41三重大学国立391725,400
42弘前大学国立387680,160
43大阪府立大学公立3801,175,850
44山形大学国立371845,650
45同志社大学私立363794,950
46北里大学私立350570,960
47静岡大学国立3481,033,630
48山梨大学国立343703,690
49京都府立医科大学公立343621,010
50明治大学私立342735,280
合計(全機関) 82,768  220,369,865 
タイトルとURLをコピーしました