大学ランキング ー 令和2(2020)年度 科学研究費補助金 新規採択状況(機関ごとの採択件数順位) - 研究種目別③

大学

基盤研究(C)(全12,772件)
一人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究。3~5年間 500万円以下。【公募要領より。以下同じ。】

順位機関名採択数
1東京大学303
2大阪大学286
3京都大学250
4東北大学236
5九州大学221
6北海道大学215
7名古屋大学181
8広島大学180
9筑波大学177
10岡山大学161
11千葉大学148
12神戸大学147
13金沢大学142
13日本大学142
15慶應義塾大学139
16早稲田大学126
17立命館大学125
18新潟大学123
19長崎大学116
20鹿児島大学115
21信州大学113
22近畿大学106
23熊本大学101
24徳島大学99
24順天堂大学99
26山口大学88
27愛媛大学85
28国立研究開発法人産業技術総合研究所83
29東京医科歯科大学82
30東海大学81
2020年度機関ごとの基盤研究(C)採択件数【上位30機関】

一覧は、科学研究費助成事業データベースから作成しました(以下同じ。なお、文科省が公表している「令和2年度科学研究費助成事業の配分について」の値が異なりますが、ご了承ください)。
基盤研究(C)は、その採択件数の多さからも分かるとおり、日本の研究者にとって、最も基盤的な研究種目・外部資金です。そのため、各機関の採択数は、その機関の規模(研究者数)に大きく依存します。旧七帝大が全採択件数に占める割合は13%強程度に留まります(これらの大学の研究者は、より上位の研究種目で相当数採択されているため、基盤研究(C)での割合が落ちます)。また、私立大学の採択件数1位が、早慶ではなく日本最大の大学の日本大学であることもその証左と考えられます。
以上のとおり、基盤研究(B)などと顔ぶれが異なっています。

若手研究(7,493件)

博士の学位取得後8年未満の研究者が一人で行う研究。2~5年間 500万円以下。

順位機関名採択数
1東京大学362
2大阪大学246
3京都大学225
4東北大学202
5九州大学162
6名古屋大学133
7慶應義塾大学132
8広島大学122
9神戸大学106
10国立研究開発法人理化学研究所102
11金沢大学99
12北海道大学97
12筑波大学97
12千葉大学97
15東京医科歯科大学96
16早稲田大学94
17順天堂大学82
18岡山大学72
18名古屋市立大学72
20新潟大学68
21日本大学61
22東京工業大学60
23昭和大学58
24国立研究開発法人産業技術総合研究所56
25熊本大学54
25立命館大学54
27横浜市立大学51
28長崎大学49
28群馬大学49
2020年度機関ごとの若手研究採択件数【上位29機関】

若手研究は、概ね30代中盤までの研究者が応募できる研究種目です。将来の日本の研究の中核を担っていく研究者の方々が、この若手研究の研究資金をもとに活動を行っています。
東京大学の採択数が突出しており、人材の層が厚いことがうかがえます。旧七帝大が全採択件数に占める割合は19%程度です。
北大や筑波大の採択数がやや少ないことが目を引きます。新規応募が3年に一度程度であることから、その年その年で、多少波はあると思われます。

タイトルとURLをコピーしました